カテゴリー
Uncategorized

はじめまして

デジタルフードモンスターです

堅苦しい内容ですが会社を作ることになった経緯など良かったら読んでください。

令和3年5月25日に産まれた出来たてほやほやの会社です。
令和になって起きた大事件と言えば、新型コロナウイルス!!

私は元々将来自分のお店を出したいと思っていましたが、
新型コロナウイルスによって自分のお店はおろか、
飲食業界で働く人にとって、今の生活すら維持することが出来ないくらい社会が一変しました。

私の働いていたお店では国のガイダンスに沿って、
休業することなく営業を続けました。
初めての緊急事態宣言では本当にお店にお客様が来ず、
すぐに潰れてしまうのではないかという心配がありました。
運良くUbereatsに登録していたため、
Ubereatsのオーダーで、売上を維持することが出来ました。

私はUbereatsの配達員もしています。
知り合いに紹介されて少しだけですが、
コロナで給与が減ったときは助かりました。
休みの日は極力外出しないようUbereatsやmenuなどの
デリバリーサービスをよく利用します。
つまり店、客、配達員3つの視点から
デリバリーサービスを理解しており、
デリバリーに特化した飲食店を出せば
成功するのではないかと思いつきました。

しかし、緊急事態宣言も回数を増す毎に、
人の流れは抑制されずワクチン接種が進んできていること
もあり、コロナ前に戻りつつあります。
しかし感染が治まったわけではありません。
ソーシャルディスタンス、手指衛生、検温など
感染症対策はまだまだ続きます。

そこで着目したのが非接触決済です。
コロナ前からPayPayなどのキャッシュレス決済が
徐々に広まっていましたが、新型コロナウイルス感染拡大により
キャッシュレス決済の普及は一気に増えた気がします。

キャッシュレス決済の一歩先を行ったのが
モバイルオーダーだと思います。
お客様が自分のスマホでQRコードを読み取って、スマホで注文
スマホで決済まで終わらせてしまう画期的なシステムです。
誰が触ったか分からないメニューやお金を触らずに済むのです。
従業員も注文やレジなどの業務が減る分負担も軽くなります。

デリバリー、キャッシュレス決済、モバイルオーダーなど
最新のデジタル技術を使ってなるべくお客様に安心して利用してもらえる飲食店を作れたらなと思い、デジタルフードモンスター
という名前で会社を立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA